マリエ・シャルマント

マリエシャルマント

えっ!そうなの!?地域で違う、結婚式の習慣

結婚式の習慣というのは、住んでいる地域によって独特のやり方があったりします。まさにご当地ならではの風習もあり…もしその地域の結婚式に参加する、もしくは彼女や彼氏がそのエリア出身だったとしたら要チェックです。

 

○北海道

ほとんどの結婚式が会費制。受付でストレートに支払うので、そこにご祝儀は存在しません。招待状に記載されている会費を払うだけなので、ご祝儀に頭を悩ませる事もなく楽です。会費の金額としては、大体1万円前半。一般的なご祝儀よりも少ないので、気軽に参加することができます。

 

○名古屋

派手な結婚式で有名。とはいえ、今ではそれも減ってきている様子。そこで用意される引き出物は重くてかさばるものが喜ばれる傾向にあり、「両手に持ちきれる引き出物は恥」なんていわれることも…。披露宴のお開き時には、バルコニーからお菓子をまいたりします。

 

○沖縄

招待客が数百名といった、まさに芸能人レベルの規模。披露宴に200人から300人を呼ぶのなんてごく普通の事ですから、おのずとその会場はホテルを中心としたものとなります。ですから、沖縄の結婚式場でもそれを見越して大きめのホールを用意しているところもあります。

また、披露宴での席順でもちょっと違う配置に…。一般的には親族は一番後方…つまりは末席となりますが、沖縄では両親が新郎新婦に一番近い席に座ります。来賓は、偉い人ほどステージに近くなる…といった配置になるそうです。

そして、席に通されると飲み始める方も多いので、披露宴がスタートする前から大盛り上がり。そんな中、披露宴がスタートするわけですが、それはおめでたい琉舞から。琉舞の古典「カギヤデ風」を2人、もしくは数人で踊ります。始まりが踊りなら、最後も踊り。披露宴の終わりには新郎新婦、そして招待客全員で「カチャーシー」を踊って盛り上がったまま終了します。

 

他にも、新潟では花婿を雪の中に投げ飛ばし、参加者同士で墨を顔に塗りあう。岐阜や静岡ではブーケではなくもちを投げる。高知の披露宴での料理は、コース料理ではなく大皿にさまざまな料理を盛り付けた郷土料理・皿鉢料理(さわちりょうり)で、乾杯の後にはお酒の酌み交わし合戦状態になることも…。福岡では披露宴の最後に「博多手一本」という独自の手締めをおこない、鹿児島では披露宴の最後にみんなで万歳三唱。そして、東京ではこれといったこだわりはないのですが、強いて言うならばすべてにおいて量よりも質を求める傾向が強いようです。

 

県が違えば、その披露宴も違う…思いも寄らないような習慣などもあり、ちょっとびっくりすることもありますね。とはいえ、全員がこの通りにやっているというわけでもなく、時代の流れと共に変わってきているところもあるようです。

関連記事

  1. 結婚式で予想しておきたい、予想外のことまとめ

  2. これでバッチリ!新郎によるウエルカムスピーチ

  3. おもわずホロリとくる…感動的な結婚式を演出するおすすめBGM

  4. 新しい結婚式スタイル?じわじわと広がるファミ婚

  5. 披露宴の感動した演出 家族が登場する披露宴

  6. 結婚式で心配だけど、意外となんとかなるのはこんなこと!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 結婚式って一生に一度の事だから、綺麗な花嫁でいたいですよね??そんなアナタにとっておきの情報をお…
  2. 最高の披露宴にするための最高の脇役今ではすっかり主流となった、新郎新婦の披露宴での映像の演出…
  3. テーマパーク好き、特に関西方面に在住……等となると、、USJが大好き、USJで結婚式をしたい! と思…
若榴da檸檬

おすすめ記事

  1. 獅子座さんのウエディングドレス占い
  2. ブライダルエステ やる? やらない? おすすめは?
  3. 乙女座のカラードレス占い!あなたに合ったカラードレスは?
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ
ページ上部へ戻る