マリエ・シャルマント

マリエシャルマント

ブライダル小物 ティアラとクラウンの特徴とおすすめまとめ

結婚式と言えば、ドレスと共にこだわりたいのが、お顔のまわりを彩るアクセサリー。中でも、髪飾りは多くの写真にうつり、思い出にもよく残る、大切なアイテムです。ヘアアイテムには、クラウンとティアラがありますが、その中でもいくつかの選択肢が。気に入ったヘアアイテムを選ぶために、クラウンとティアラの基本情報を知っておきましょう。

 

◆クラウンとティアラって?

クラウンというのは、太陽の「コロナ」を語源とする言葉で、「王冠」のこと。西洋の王様がかぶっているものは、大ぶりで豪華なものを想像しますが、結婚式で花嫁が身につけるものは、直径が5~10cm、小ぶりでかわいらしい円形のものです。

一方、ティアラは、カチューシャに近い半月型をした、冠のヘアアクセサリーです。円形ではなく、前から見たときにのみ、キラキラとした輝きが目立つようになっています。

 

◆クラウンの種類、用途など

クラウンには、てっぺんの部分が尖っているものと、丸いドーム型の形が強調されているものとがあります。尖ったものはシャープな印象に、一方で丸いものは、ころんとした愛らしい印象になります。

アップにしたまとめ髪の上、頭頂部ではなくすこし横のほうに傾けて付けられますが、ヴェールとはあまり相性がよくない形のため、挙式時にはティアラを着用し、披露宴に移るときにヴェールを外し、クラウンに変えて登場……という形がおすすめです。

 

◆ティアラの種類、用途など

ティアラには、クラウンに比べて多くの種類があります。

まず、ティアラに類するものでも、戴冠式のようなイメージのあるプリンセス形のほかに、カチューシャ形のものと、コーム(くし)形のものがあることを知っておきましょう。コーム形のものは髪に挿して使います。載せるかたちのプリンセス形と見た目は大差ありません。カチューシャは、日常的に使うヘアバンドのように、髪からの立ち上がりが少なく、平たいのが特徴です。

ティアラは、10cm前後のものから、20cm前後のものまで、サイズもさまざま。購入前によくチェックしておく必要があります。

クラウンと違い、ヴェールとの相性も良く、挙式から披露宴にかけて使えることがほとんどですが、それもティアラのサイズに左右される部分がありますので、プランナーさんとよく相談しましょう。

 

ヘアアクセサリーを選ぶときに覚えておきたいのは、選択肢として「クラウン」「ティアラ」のほかに、「花飾り」があるということ。ドレスに合わせて、造花だけではなく、希望があれば生花を髪にあしらってくれる式場も多いものです。花のティアラ、花のカチューシャなども選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. ブライダル小物 リングピローはどうする? おすすめとまとめ

  2. 婚約指輪…どうしてますか?

  3. 知らないと恥ずかしい!?ウエディングドレスの定番アイテム

  4. 指輪

    大切な人に贈りたい…結婚指輪の人気ブランド

  5. ブライダル小物 ヴェールとグローブの特徴とおすすめまとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 結婚式って一生に一度の事だから、綺麗な花嫁でいたいですよね??そんなアナタにとっておきの情報をお…
  2. 最高の披露宴にするための最高の脇役今ではすっかり主流となった、新郎新婦の披露宴での映像の演出…
  3. テーマパーク好き、特に関西方面に在住……等となると、、USJが大好き、USJで結婚式をしたい! と思…
マイナビウエディング

おすすめ記事

  1. 耳元の囁き
  2. 聖歌隊には誰がなる?カンタンにわかる聖歌隊のなりかた
  3. 結婚相手のご家族と上手に付き合うには?
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ
ページ上部へ戻る