マリエ・シャルマント

マリエシャルマント

先生の婚約者

「先生、好きです! 結婚を前提に付き合ってください!」
 椋(たかせ りょう)先生に告白したのは、高校二年の春。子どものくせに何が結婚だ。生徒と付き合う趣味はない。などと言われるのを覚悟していたけど、
「僕で良ければ」
 とまさかの返事だった。
 あたし、赤坂凪(あかさか なぎ)は椋先生と付き合うことになった。それも、結婚を約束した……婚約者に!

「卒業まであと一ヵ月だね~」
 手芸部では卒業式に後輩に贈る、キーホルダー作りに勤しんでいた。
 友達とこれからのことを話す。大学や専門学校、就職などの進路。彼氏とのこと。
 あたしはニヤニヤしながら手を動かす。
「凪、何それ?」
 友達があたしの手元を覗き込む。
「ふふっ、内緒!」
 隠すように作業を続けた。友達は文句を垂れるけど、気にしない。
 これは愛しい先生に渡す、婚約指輪なんだから――

「確かこっちにくるのを見かけたんだけどな……」
 指輪が出来て、職員室に押しかけようとした、その時。手芸部の窓から椋先生が見えた。あたしはすぐに追いかけた。
 廊下を走って、体育館の裏まで。
「椋先せ――」
「好きです、付き合ってください」
 呼ぼうとした名前を慌てて飲み込む。まさかの告白現場に出くわしてしまった。
(あれ? でも、こっちにきたのは確か……)
 嫌な予感がする。
 あたしは恐る恐る覗き込むと、女子生徒が見えた。もう少し先にいくと、椋先生がいる。
 ドクンと心臓が、大きく脈打つ。
 椋先生は何て言うの? 相手は生徒。でも、あたしという彼女が――
「ありがとう」
 御礼を口にした。
「ってことは……」
「……赤坂?」
 二人に見付かってしまった。足に力が入らない。その場にしゃがみ込んだ。
「どうした? 大丈夫か?」
 椋先生が手を伸ばしてくれる。でも、あたしは手に持っていた指輪を投げつけた。
 次の瞬間、全力疾走でこの場からいなくなった。

「離してください!」
 追いついた椋先生に、腕を掴まれる。
 暴れるけど、離してくれない。胸を叩いたり、軽く蹴ったりするけど、椋先生はビクともしない。
「あたしのことなんて、もう好きじゃないんでしょ!?」
「どうしてそうなる」
「だから、告白受けて! そして……」
 ありがとう、って言った! そう叫ぼうとした時、唇が塞がれた。舌が絡み合う。端からどちらのものかわからない唾液が、滴り落ちた。
「ん、ぅ……」
 呼吸もままならない。もう一度、椋先生の胸を叩くけど、無意味。舌を吸い、歯列をなぞる。あまりの快楽に、背中がゾクゾクした。
 学校の廊下で椋先生とキス。
「ぷは……っ」
 顔が離れたと思ったら、手を引かれて空き教室に引き込まれる。
「あの……んっ」
 再び唇が重なる。吐息を漏らしながら、深い口づけを繰り返す。その間、椋先生はあたしの制服、ブラウスのボタンを外していく。
「卒業してからって決めてたけど……」
 下着を口でずらして、露わになった小さな果実に噛みついた。
「ひあぁっ!」
「もう、我慢してあげないよ」
 固くなった蕾を舐め、もう片方は掌で優しく揉む。指圧によって、形が変わる度に下腹部が、熱くなるのを感じた。
「せんせ……」
 腰をよじらせながら、視線を向ける。
「どうしたの?」
 脚をゆっくりと開かされて、内腿を撫でられた。ゾクッと感じる度に、秘部が潤うのがわかる。
「どうして欲しいか、言ってご覧?」
 椋先生は意地悪く微笑んだ。
 あたしは恥ずかしい気持ちを我慢して、スカートを摘まみ上げる。
「ここも……触ってください……」
「よく言えました」
 クスッと笑うと、ゆっくりと下着を取る。椋先生の骨ばった指が、濡れそぼった割れ目に触れた。
「あ、あぁ……」
 秘裂をなぞられ、嬌声が漏れる。
 ゆっくりと指が蜜壷に沈み、媚肉をかき分けた。緩やかに上下に動かれると、電流があたしの中を駆ける。
「んぅ、あ……っ」
 淫猥な水音が、教室内に響く。あたしは椋先生のスーツを掴み、快感に耐えた。
「そんな顔されると……我慢出来なくなるよ?」
 啄むキスをされてから、あたしは静かに頷く。
「先生が、欲しいです……」
 下腹部に熱く猛ったモノが当たる。椋先生はそれを取り出して、陰唇に宛がう。

「いくよ……っ」
 徐々に腰を沈めて、剛直が内壁を押し分けて入ってくる。愛液がまとわりついて潤滑油のようになって、奥へと誘う。
「あ、あぁ……ふぅ……んっ」
「全部入ったよ、凪」
「っ!」
 名前を呼ばれて、きゅっと彼を締め付けた。
「それ……ヤバイ」
「だって、先生が……」
 名前呼ぶから、とは言えなかった。唇を塞がれてしまう。椋先生は緩やかな抽送を始めて、媚肉を引っ掻くように進む。
「ん、んん……っ」
 口内と秘部を同時に愛されて、あたしは頭の中が真っ白になっていく。
 上下運動は次第に激しさを増して、机が軋み始めた。最奥を突かれる度に、快感に落ちていく。
「はぁ、んっ……先生……っ」
「凪、僕の名前……呼んで?」
 きゅっと奥が締まるのが、わかる。好きな人に名前を呼ばれるだけで幸せな気持ちになる。
「りょ、椋……っ、んあぁっ!」
 深く貫かれて、思わず声が大きくなる。
 肉打つ音が大きくなり、教室中に響く。剛直は泉をかき回しながら、底を目指して叩いた。快楽が襲い、何も考えられなくなる。
「あたし、イク……んぅ、はぁんっ」
「じゃあ、一緒にイこう……っ」
 激しい抽送が行われる。きゅうっ、と締め上げると熱いものが込み上げてきた。
「ふぅ、んっ……あぁぁんっ!」
 ドクンと脈打つ怒張に媚肉が絡みついて、搾り上げる。快楽に痺れた身体が震えた。
「はぁ、はぁ……椋、好き……」
 覆い被さる椋先生に、あたしは抱きつく。
「僕も好きだよ」
 だから、と付け足して、頬を撫でた。
「この指輪、もらっていい?」
 左手薬指には、さっき投げたはずの手作りの指輪があった。
「どうして……」
「最愛の人からのプレゼントだからね」
「先生……っ!」
「あと、これ。僕からのお返し」
 ポケットからケースを取り出して、中から可愛らしい指輪が現れた。
「これって……」
「婚約指輪」
「先生、大好き!」
 互いに抱き締め合い、そして口づけを交わす。左手で手を絡めた。
 早くこの指輪が似合う女性になろうと、高校生活残りわずかで思った――。

 

作・黒猫千鶴

関連記事

  1. あなたに捧げた純白

  2. 特別なウェディング

  3. イケナイ結婚式

  4. 10年越しのプロポーズ

  5. 耳元の囁き

  6. 朝の私の彼の起こし方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 結婚式って一生に一度の事だから、綺麗な花嫁でいたいですよね??そんなアナタにとっておきの情報をお…
  2. 最高の披露宴にするための最高の脇役今ではすっかり主流となった、新郎新婦の披露宴での映像の演出…
  3. テーマパーク好き、特に関西方面に在住……等となると、、USJが大好き、USJで結婚式をしたい! と思…
マイナビウエディング

おすすめ記事

  1. ただの温泉地じゃない!まったり伊豆のリゾートウエディング
  2. 天秤座さんのウエディングドレス占い
  3. 大切な人に贈りたい…結婚指輪の人気ブランド
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ
ページ上部へ戻る