マリエ・シャルマント

マリエシャルマント

耳元の囁き

「きゃうっ!」

 今日は彼の家にお泊り。
 このまま帰れって言われても、服を掴んで離さないんだから。こんな風に……。

「ふふっ、押し倒されちゃったぁ~」

 彼を両腕で抱き締めると、そのまま胸に顔を埋めた。

「ねぇ……疲れちゃった。今日は寝ない?」

 少し残念そうな顔をする彼も可愛い。

「ごめんね。でも、明日は早いんでしょ……?」

 耳元で囁き、縁を舌でなぞる。
 ビクッと彼の身体が震えるのを見て、私は微笑んだ。

「だから、今は寝て……明日早くから、ね?」

 渋々頷く彼を見て、私は先に布団に入る。

(そうだ、悪戯しちゃえ♪)

 手を伸ばして、布越しからでもわかるくらい盛り上がった股間に、そっと触れる。
 再び、彼の身体が震えた。

「あれ? ここ……硬くなってる……?」

 彼を後ろから抱き締めるようにして、耳元で囁く。
 チャックを下ろしていき、そそり立つモノを取り出した。

「さっきよりも……おっきい……っ」

 悪戯っぽく微笑むと、彼が甘い声を出す。
 後ろから抱きついたまま、両手でしっかりと陰茎を掴む。
 カリ首を刺激するように緩急をつけて、手でしごいていく。
 先端からヌルッとした液が出てきたけど、これが逆に滑りを良くしてくれた。

(たまにはこういうのもいいかもぉ~♪)

 私が腕を上下に動かす度に、露わになった胸が彼の背中を滑る。
 硬くなった蕾が刺激されて、私まで濡れてきちゃう……。
 太くなった男根をしっかりと左手で掴み、右手はカリ首を擦るように動かした。

「きゃあんっ!」

 突然、振り返った彼が私を押し倒して布団を被る。
 ぎゅっと抱き締めている間も、下腹部には硬いモノが当たっている。

「どうする……? やっぱり、シちゃう? 決めていいよ」

 彼が考えている最中も、私は微笑みながら陰茎を弄る。

(いつも私から誘ってるみたい……彼の口から聞きたいな)

 頬を膨らませながら、彼の返答を待っている間も、しごくのをやめない。
 彼の限界が頂点になって、爆発寸前になったら……やめてあげようかな。

 

作・黒猫千鶴

関連記事

  1. 特別なウェディング

  2. 朝の私の彼の起こし方

  3. 10年越しのプロポーズ

  4. 先生の婚約者

  5. イケナイ結婚式

  6. あなたに捧げた純白

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 結婚式って一生に一度の事だから、綺麗な花嫁でいたいですよね??そんなアナタにとっておきの情報をお…
  2. 最高の披露宴にするための最高の脇役今ではすっかり主流となった、新郎新婦の披露宴での映像の演出…
  3. テーマパーク好き、特に関西方面に在住……等となると、、USJが大好き、USJで結婚式をしたい! と思…
マイナビウエディング

おすすめ記事

  1. イケナイ結婚式
  2. 身近なものでデコレーション!結婚式のアルバム
  3. 真っ青な空のもと、湖で愛を誓う、洞爺のウエディングをご紹介
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ
ページ上部へ戻る