マリエ・シャルマント

マリエシャルマント

朝の私の彼の起こし方

「んぅ……」

 寝返りを打ち、重い瞼を開ける。目の前には、愛しい彼が眠っている。

「可愛い顔してる……」

 クスッと笑うと、彼はこちらを向いた。
 前髪が流れて、片目を隠す。

(いつもは格好いいのに、こういう時だけ可愛いのよね……)

 もっと、彼の可愛い表情が見たい。そんな悪戯心が大きくなり、私は布団の中に潜った。
 昨日はそのまま寝たので、お互い何も着ていない。
 彼と一緒に休んでいる陰茎の筋を、優しく指先で撫でてあげた。
 ピクンッ、と反応して起き上がる。

「寝てても正直なのね」

 微笑を浮かべて、亀頭の裏側を舐める。舌を動かしながら、手でしごいていく。
 彼が甘い喘ぎ声を出して、布団を勢いよく捲った。

「……バレちゃった♪」

 頬を少しだけ紅潮させて、余裕のなさそうな息遣い。
 いつもは私を突き上げる雄も、今は私の舌先にされるがまま反応をしている。

「……んっ」

 口の中に含み、緩急をつけて吸い上げた。
 始めは小さかった彼のは、太く硬くなっている。

(口に収まらない……っ)

 手と頭を上下に動かして、刺激を与えてあげる。唾液だけじゃないしょっぱい液が、いっぱいに広がっていく。

「んっ、んん……っ」

 カリ首を舐めながら吸いついていると、両頬を掴まれて陰茎から口を離してしまった。

「ぷはっ! どうしたの? 痛かった……?」

 それなら謝ろうと思った矢先、彼に押し倒される。

「きゃっ!」

 いつの間にか、オオカミの顔に変わっていた。

(もう少し見ていたかったな……)

 と、頬を膨らませると、彼は唇を重ねる。同時に、下腹部に熱く硬いモノを感じた。

「もう入りたいの……? いいわよ、私も……我慢出来ないから……」

 あんなに可愛い表情を見ていただけで濡れるなんて、私は彼のことが本当に好きみたい。
 私がイクまで離してあげないんだから……。
 再び繋がった彼は、私のナカで更に大きくなって、抽送を始めた――

 

作・黒猫千鶴

関連記事

  1. 先生の婚約者

  2. イケナイ結婚式

  3. あなたに捧げた純白

  4. 耳元の囁き

  5. 特別なウェディング

  6. 10年越しのプロポーズ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 結婚式って一生に一度の事だから、綺麗な花嫁でいたいですよね??そんなアナタにとっておきの情報をお…
  2. 最高の披露宴にするための最高の脇役今ではすっかり主流となった、新郎新婦の披露宴での映像の演出…
  3. テーマパーク好き、特に関西方面に在住……等となると、、USJが大好き、USJで結婚式をしたい! と思…
マイナビウエディング

おすすめ記事

  1. 聖歌隊の声が気に入らない!模擬挙式と違う!?そんなときどうする?
  2. ヴァージンロード、本来は一度きりのその道
  3. 国内リゾートウエディングで人気が高い沖縄!その魅力とは?
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ
ページ上部へ戻る