マリエ・シャルマント

マリエシャルマント

あなたに捧げた純白

「これにする!」
 私は白いウエディングドレスを力強く抱き締めて、徹(とおる)さんに見せた。
「いいんじゃない? 麻衣(まい)に似合うと思うよ」
 彼はそう優しく微笑むだけ。
(他にも何か言ってくれてもいいのに……)
 反対されたい訳じゃないけど、徹さんの意見が訊きたい。
 彼はどんなのが好きか、どんなことをして欲しいのか、何が食べたいのか、いろいろ。
「麻衣がいいと思う方が、僕もいいな」
 と言って、はぐらかされてしまう。
(徹さんの考えが知りたいよ……)
「麻衣、試着出来るみたいだから試してみれば?」
 いつの間にか、徹さんは店員さんと話をしていて、試着室を手配してくれていた。
 断る理由もなかったので、私は純白のウエディングドレスを持って、彼の元へと急ぐ。

「どうしよう……」
 トラブルはすぐに起きた。
 ウエディングドレスは、肩が出て胸があれば谷間が見えるなど、見栄えが少しは映えるものなのだが……問題は胸ではない!
「肉が……」
 日頃の蓄積されていた贅肉が、今ここで姿を現した。
「チャックが……」
 腕を後ろに回して、どうにかチャックを上げようとするけど、まず手が届かない。
「どう? 着れた?」
 現状を知らない徹さんが、声をかけてきた。
「え? う、うん……もう少しかな?」
「本当? 早く見たいな」
「え!? それは……本番までのお楽しみじゃダメかな?」
 この状態を徹さんには、見せられない。ダイエットしてるって言ってこともウソになるし、何より恥ずかしい。
「今日はドレス選びだけで……」
 振り返るのと、試着室のカーテンが開いたのは、ほぼ同時だった。
「と、徹さん!?」
 あまりにも真剣な表情で立っているから、一瞬言葉を失ってしまった。すぐに我に返った時には、徹さんはカーテンを閉めて試着室の中に。
「え? ちょっと、徹さん!? 何して……」
「しー、今店員さんがいないんだ」
「だからって入ってこなくても……」
 唇に人差し指を当てる彼が、私よりも幼く見えてしまって可愛い。
(本当は四つも上なんだけどね)
 くすっと笑うと、徹さんが黙って私を見つめる。正確には、ウエディングドレスを見たまま固まっていた。
「なんだ、着てるじゃん。どうして本番までダメって焦らすようなこと言ったの?」
「焦らす訳じゃなくて……」
 ごにょごにょと口籠る。
「え?」
 訊こえなかったらしく、彼が耳を私の唇に近付けてきた。
 私は拳を握り締めて、意を決した。
「チャックが……上がらないの!」
 囁くように、小さく訴える。徹さんはぽかん、としていたけど、優しく微笑む。
「そんなことか。僕が上げて上げるのに」
「だって……」
「ほら、後ろ向いて」
 私は言われた通りに後ろを向くと、徹さんがぷにっと盛り上がった肉を摘まんだ。
「やあぁっ! それが見られたくなかったの!」
「あはははっ、気にしなくていいのに」
 そう言って、彼は背中に口づけをする。
「ひゃっ!?」
「言ったろ、ダイエットなんてしなくていいって」
 盛り上がった肉を甘噛みして、舌が背中を這う。ゾクゾクと電流が走った感覚がして、身体から力が抜けていく。同時に、お腹の奥が熱くなるのを感じた。
 私は試着室の壁に手をついて、徹さんにお尻を突き出す形になる。
「ふあっ、ダメ……っ」
「麻衣は背中が弱いもんね」
 だって、と付け足すと、ドレスを捲り上げた。指先が優しく下着を擦ると、じわりと蜜が溢れるのがわかる。
「もうこんなになってる」
「やっ、そんなこと言わな――」
 身体を捻って、徹さんの方を見ると、彼の唇で塞がれてしまい続きの言葉が止まった。
「少し静かに……店員さんに気付かれちゃうよ?」
 息継ぎで離れたお互いの唇は、再び深く求め合う。舌を絡め合い、どちらかの唾液かわからない銀の糸が、口端から垂れた。
 その間、彼の手は下着の中へと侵入していた。
 指が秘裂をなぞれば、愛液は徹さんを求めて溢れ出す。小さな秘粒を指の腹でグリグリと刺激されれば、腰に電流が走った。
「や……それ以上は……」
「僕が欲しくなっちゃう?」
「っ!」
 徹さんの顔を見れば、悪戯そうに笑っている。
「違……っ!」
「ふーん、こんなになってるのに?」
 つぷり、と指先が入ってきた。
「ひゃあ、んんっ!」
 慌てて両手で口を塞ぐも、快感は止めどなく私を襲う。
「ふぅ、ん……っ」
「麻衣のそんな顔見てたらほら……」
 私の片方の手を徹さんは、自ら股間に持っていく。
「こんなになっちゃった……」
 熱っぽい視線を向けられて、私は何も考えられなくなる。
「ねえ、麻衣……いい?」
 彼の問いかけに、私はただ頷くことしか出来なかった。それを見て、彼は私の耳に軽くキスを落とすと、下着をズラす。自身を取り出して、濡れそぼった蜜壷に突き立てた。
「はぅ、んっ、んん……」
 音を立ててゆっくりと腰を沈めて、彼を飲み込む。
「動くよ……声、我慢しててね」
 徹さんは試着室の壁に私の背中を押し付けて、太腿を掴んだ。そのまま上下に揺れて、膣壁を刺激していく。
「ふっ、あぁ……っ」
 私は声を出さないように、唇を噛み締めて、彼の首にしがみついた。抽送が速さを増す。
(お店の……試着室でなんて……っ)
 そう考えると、急に顔が熱くなる。
「……っ、今きゅうって締め付けたの、わかった?」
 腰を掴み、最奥を叩くように攻める。
 私は首を左右に振ることしか出来ない。
「麻衣のナカ、良過ぎ……もうっ!」
 眉間に深いしわを刻んで、上下運動が激しくなる。陰茎が内壁を擦りながら、奥をノックする。
「徹さん……私……っ!」
「麻衣……っ!」
 深いキスをして、お互いに声を殺す。
 彼が私のナカに熱い欲を吐き出しているのは、二人とウエディングドレスしか知らないこと――

 

作・黒猫千鶴

関連記事

  1. イケナイ結婚式

  2. 耳元の囁き

  3. 朝の私の彼の起こし方

  4. 10年越しのプロポーズ

  5. 先生の婚約者

  6. 特別なウェディング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 結婚式って一生に一度の事だから、綺麗な花嫁でいたいですよね??そんなアナタにとっておきの情報をお…
  2. 最高の披露宴にするための最高の脇役今ではすっかり主流となった、新郎新婦の披露宴での映像の演出…
  3. テーマパーク好き、特に関西方面に在住……等となると、、USJが大好き、USJで結婚式をしたい! と思…
若榴da檸檬

おすすめ記事

  1. 天秤座さんのウエディングドレス占い
  2. 聖歌隊と式場選び
  3. 海外リゾートウエディングの費用はどれくらい?
にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ
ページ上部へ戻る